小顔になるためにボトックス注射を受けよう【憧れフェイスになる】

  1. ホーム
  2. 痛みや施術後の様子

痛みや施術後の様子

頬を触る人

施術の時間や痛みについて

美容外科クリニックで事前予約をすればボトックス注射を受けることができますが、初めて小顔が期待できるボトックス注射を打つときは不安になる人もいるでしょう。ボトックス注射を一度打てば少しずつ顔の筋肉を抑制して小顔効果を期待することができます。もちろん人によって個人差があるため即効性がある人もいれば時間が経って少しずつ効果が現れ始めたという人もいます。小顔になれるボトックス注射の施術は1時間や2時間もかからず、早くても5分から10分で施術が完了します。注射を打つだけですが、一か所であれば数分ですぐに施術を終えてクリニックを後にすることができるでしょう。しかし顔全体にボトックス注射をしたい場合はもう少し時間がかかることもあります。短時間で終わるためクリニック後に何か用事を入れても遅れる心配を抱くこともないでしょう。小顔効果が期待できるボトックス注射では施術時間の他にも痛み具合を気にする人も多いです。顔に注射をすることはないため、強い痛みがあるのではないかと考える人もいますが、実際はチクっと少し痛むような痛みが起こります。人によってはかなり痛むこともあるため、そのときは保冷材などの冷えたもので患部を冷やして痛みを感じにくくなったときに注射をすることもあります。現在は保冷材で冷やしてから注射を行なうクリニックも増えているようです。

注射後はどうなるのか

小顔効果が期待できるボトックス注射を打つと筋肉が一時的に麻痺するため、筋肉が動かなくなってしまうこともあります。それも数日で収まって少しずつ筋肉が動いてくるので、副作用の一つとして受け止めましょう。日常生活にも支障が出てしまう恐れがあるため、仕事をしている人はなるべく休める体制を作っておくことが大切です。特に接客業をしている人は笑顔でお客様に対応をする必要があるので仕事にかなり影響してしまうでしょう。日常生活に影響が出ないためにも、前もって休みを取ってからボトックス注射の施術を受けることも一つの手です。ボトックス注射をしてから4週間ほどで顔についた筋肉が少しずつ痩せていき、小顔効果を実感しやすくなるでしょう。ですが数週間程度ではまだ最大限に効果を発揮せず、それから2か月や3か月の期間を経てようやく小顔効果を期待できるようになる人も多いです。定期的に美容外科クリニックへ行って医師に診察をしてもらい、ボトックス注射の効果が出ているのかを判断してもらいましょう。